うららの叶えたまえのブログからこちらへ移行中。関西に住むアラフォー女子。結婚?出産?まだだ。不安を抱えながらも毎日試行錯誤しながら生活してるよ。
2017年07月15日 (土) | 編集 |
父が来週からロングショートだ。
10日ぐらいがロングというのかショートなのかよくわからないけど 父としては長いお泊りだ。
母のレスパイトのため父にはショートステイに行ってもらう。
いつもは父が苦手な施設になってしまうのだけど今回はそこよりは居心地がいい施設にいくことになっているので私は少し気持ちが楽だ。

今日父から
父⇒こないだ〇〇施設に行ったとき座薬を入れてから3時間放置でまいった。ナースコールは遠くにあるし。
と言われ
私⇒大変やったなあ。
(心の声は 「おいおい 施設の方々忙しいのはわかるが父は寝たきりなんだから見回りしてくれよ。)
ってその施設に対して少々怒りとがっかりだった。

父に
私⇒そやけど言い方もあるからクレーマーにはならんようにな。
と言ってしまった。なかなか要介護5の受け入れ先はどこもいっぱいなのだ。
でも今住んでいる地域の施設の相談員の方々はなんとか受け入れをできるようにとても尽力を尽くしてくださっている。
問題は施設で働いているヘルパーさんだ。
もちろん在宅介護をしているとヘルパーさんの大変さはよくわかる。夜勤やうんちまみれの日やイラっとする日やいろいろあるだろう。
ほとんどのヘルパーさんはなんとか仕事をこなしてくれている。仕事というかお世話やケアを本当に私では考えられないほどやさしくやってくださっている。
たいてい気が利かないタイプの人は男性だ。一握りの人だけどね。
父はとても辛抱強い人だ。たいていのことは我慢してくれているのだろう。
でも父が言葉にして言うのにはやっぱりそこに問題は発生している。
父に
私⇒今はそこが一番ショートを取りやすいんやけど嫌やったら他見つけるからな。
といった。
父⇒ほかの人はちゃんとやってくれてるけどその人が問題なんや。
うーーーん。どこにも一人は問題児がいるんだよなあ。
そこにショートには1回だけのぞきに行ったけどまたのぞかなきゃ。

母のレスパイトも心配だ。母のお出かけがあるのだけど階段やエスカレーターや人混みが大丈夫だろうか。腰を悪くしてから遠出してないから。
もう心配事だらけだ。
父の介護の認定書の更新分が届かないし。
手続きを頼んだ弟は頼りないから期限ぎりぎりに行ってるし。

実家に帰ったら家を家探しして書類や領収書や薬を探すのだ。
まあそれでも在宅介護できちゃってるからね。今はそれで良しかな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック